メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人、セ・リーグ2連覇 38回目

脳障害小児患者にさい帯血投与 きょうだい間、初承認

 厚生労働省の再生医療等評価部会は24日、脳性まひなど脳障害の小児患者に対し、きょうだいのさい帯血を投与して症状改善を試みる高知大病院の臨床研究計画を了承した。脳障害の患者にきょうだい間の投与が認められるのは国内初。近く厚労相が通知を出し、年内にも投与開始の見通し。

 さい帯血は、母親と胎児を結ぶへその緒と胎盤の中に含まれている血液。計画では、1歳以上7歳未満で、脳性まひか、低酸素性虚血性脳症という診断を受けている患者8人が対象。既にきょうだいのさい帯血が細胞バンクに保管されていることが条件で、さい帯血を点滴し、安全性や運動機能が改善するかなどを2年かけて調べる。さい帯血にはさ…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです