メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020

鉄のプライド「鉄棒に凝縮」 キング内村、語った本音 6種目じゃなければ体操じゃない

毎日新聞のインタビューに対し、二人三脚で東京オリンピックを目指す佐藤寛朗コーチへの思いを語る内村航平=群馬県高崎市で2020年9月22日、宮間俊樹撮影

 体操の男子個人総合で五輪を2連覇した内村航平(31)=リンガーハット=は、「6種目をやらなければ体操じゃない」と個人総合への強いこだわりを持っていた。その内村が、なぜ種目別の鉄棒に絞って東京オリンピックを目指すことを決断できたのか。再スタートを切った22日の全日本シニア選手権(群馬・高崎アリーナ)での演技終了から約4時間後、毎日新聞のインタビューに対し、決断の裏にある本音を明かした。

 種目別に専念後初の実戦は、鉄棒で6位(14・200点)。初めて公式戦で挑戦したH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」ではバーをつかんだものの、バランスを崩して後の演技に影響した。それでも直後の記者会見では晴れやかな表情を浮かべ、「昔みたいな輝きを」と五輪での復活に向けた思いを口にした。

 「(輝いていた自分は)リオデジャネイロ五輪(2016年)の表彰台の時かな。あとは、東京の世界選手権(11年)。体の感じ、けがの感じ、全部覚えている。取り戻すことはたぶん不可能だけど、近づけたいと強く感じています」

この記事は有料記事です。

残り1544文字(全文1988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです