メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治体のシステム、25年度末目標に標準化 菅首相が行政デジタル化部会で表明

マイナンバー制度及び国と地方のデジタル基盤抜本改善ワーキンググループの会合で発言する菅義偉首相(左から2人目)。左から3人目は武田良太総務相、左は平井卓也デジタル改革担当相=首相官邸で2020年9月25日午前9時46分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は25日、行政デジタル化推進に関する政府の作業部会で、2025年度末を目標に自治体のシステム標準化を進めると表明した。住民基本台帳や税務など基幹系システムを標準化することで、行政サービスの効率化や自治体のコスト削減を図る狙い。

 作業部会会合を官邸で開催。マイナンバー制度の活用に向けた検討…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです