メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習氏の国賓来日には触れず 菅首相、習主席と電話協議 諸課題の緊密連携一致

中国の習近平国家主席との電話協議を終え、取材に応じる菅義偉首相=首相公邸で2020年9月25日午後9時40分、小川昌宏撮影

 菅義偉首相は25日夜、中国の習近平国家主席と初の電話協議を約30分間行った。両首脳は日中関係の改善に向け対話を続ける方針を確認し、国際社会の課題の解決のために連携することで一致した。新型コロナウイルス対策で連携し、日中のビジネス関係者の出入国の緩和に向けた協議を進めることで合意。北朝鮮による拉致問題の解決に向け連携していくことも確認した。

 習氏は首相就任への祝意を示して「日本との関係を引き続き進展させていきたい」と表明し、首相は「日中関係の安定は2国間だけではなく、地域や国際社会のために極めて大事で、ともに責任を果たしていきたい」と応じた。首相が協議後、首相公邸で明らかにした。首相は記者団に「今後も首脳間を含むハイレベルの(協議の)中で、2国間及び地域・国際社会の諸課題について緊密に連携していくことで一致した」と説明。新型コロナの…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです