メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

株主総会の議決権行使書誤集計 「あしき慣行で透明性欠く」久保利英明弁護士

久保利英明弁護士=内藤絵美撮影

 三井住友信託銀行とみずほ信託銀行による株主総会の議決権行使書の誤集計問題は、上場企業の約3割に及び、日本の株主総会の信頼性を揺るがす問題となった。実際には期限内に持ち込まれた議決権行使書を集計しなかった判断は、どこが問題だったのか。株主総会運営に詳しい久保利英明弁護士に話を聞いた。【聞き手・山口敦雄】

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです