レオパレスが債務超過に 100億円超か ファンドと出資交渉急ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「レオパレス21」の本社=東京都中野区で2019年2月
「レオパレス21」の本社=東京都中野区で2019年2月

 賃貸アパート大手のレオパレス21が2020年4~6月期連結決算で最終(当期)赤字となり、債務が資産を上回る債務超過に陥ったことが判明した。債務超過額は100億円超となる見込み。アパートの施工不良問題や、新型コロナウイルス感染拡大による転勤者の減少で、入居率が大幅に低下したことが原因。レオパレスは資本増強に向けて外資系ファンドなどと出資の交渉を進めているが、増資がまとまらない場合、経営破綻の恐れが高まる。決算は30日に発表する。

 施工不良問題の発覚から2年以上たつが、改修工事はレオパレスが設定した計画ペースを大きく下回っている。18年に9割を超えていた入居率は下落が続き、直近では約78%まで低下。「採算ライン」と言われる8割を割り込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文992文字)

あわせて読みたい

注目の特集