メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EUがデジタル通貨規制案 FB「リブラ」念頭に発行の事前承認制や、厳格な監督実施

米フェイスブックが計画する仮想通貨「リブラ」のロゴ=ロイター共同

 欧州連合(EU)欧州委員会は24日、デジタル通貨の規制案を公表した。発行の事前承認制や厳格な監督の実施が柱だ。米フェイスブックが計画する仮想通貨(暗号資産)「リブラ」を念頭に、通貨発行や金融政策といったEUの主権を守るため、厳しい規制を実施する。独自案を早期に示し、国際的な規制づくりを主導したいとの思惑がある。

 EUは包括規制の導入時期の目標を2024年までと設定しており、実施はまだ先になる。だがEU域内でデジタル通貨の発行を目指す民間企業などの中には、規制案の要求に即した対応を先取りして進めていくところもありそうだ。日本など世界各国も対応を迫られる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです