メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正恩氏から謝罪の通知文 北朝鮮、韓国船員射殺で 国際社会の批判懸念か

金正恩・朝鮮労働党委員長=大前仁撮影

 韓国青瓦台(大統領府)は25日、北朝鮮南西部の黄海南道(ファンヘナムド)付近の海上で韓国の漁業指導船員の男性が射殺された事件に関し、北朝鮮から男性の射殺を認め、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が謝罪する通知文を受け取ったと発表した。金委員長自身が韓国側に謝罪するのは異例で、南北関係の極端な悪化や、国際社会からの批判の高まりを懸念したとみられる。

 記者会見した青瓦台の徐薫(ソフン)国家安保室長が、25日午前に届いた朝鮮労働党統一戦線部名義の通知文を公表した。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  5. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです