金正恩氏から謝罪の通知文 北朝鮮、韓国船員射殺で 国際社会の批判懸念か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
金正恩・朝鮮労働党委員長=大前仁撮影
金正恩・朝鮮労働党委員長=大前仁撮影

 韓国青瓦台(大統領府)は25日、北朝鮮南西部の黄海南道(ファンヘナムド)付近の海上で韓国の漁業指導船員の男性が射殺された事件に関し、北朝鮮から男性の射殺を認め、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が謝罪する通知文を受け取ったと発表した。金委員長自身が韓国側に謝罪するのは異例で、南北関係の極端な悪化や、国際社会からの批判の高まりを懸念したとみられる。

 記者会見した青瓦台の徐薫(ソフン)国家安保室長が、25日午前に届いた朝鮮労働党統一戦線部名義の通知文を公表した。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文946文字)

あわせて読みたい

注目の特集