仏シャルリーエブド旧本社前で2人刺され1人重傷 15年のテロ事件現場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シャルリーエブド旧本社前=パリ市内で、宮川裕章撮影
シャルリーエブド旧本社前=パリ市内で、宮川裕章撮影

 フランスの風刺週刊紙「シャルリーエブド」のパリの旧本社前で25日、2人が刃物で刺され、1人が重傷を負った。仏警察当局は、実行犯とみられる男の身柄を確保した。同紙では2015年、イスラム教の預言者の風刺画を掲載したことがきっかけで、本社が襲撃され12人が殺害されるテロ事件があった。同紙は2日付で同様の風刺画を再掲載していた。今回の事件現場は15年に事件があった当時の本社前。警察当局はテロ事件として捜査している。

 仏メディアによると、25日正午ごろ(日本時間午後7時ごろ)、パリ東部の同紙旧本社前の路上で男が刃物を振りかざし、少なくとも2人を負傷させた。うち1人が重傷。負傷した2人は旧本社の建物に入居する通信社「プルミエ・リーニュ」の社員で、1人は15年の事件を追悼する壁画の前で襲われたという。実行犯とみられる男は逃走したが、約1時間後、南に約700メートルの場所で警察当局が身柄を拘束した。男は18歳という…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集