メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界に一つ、塗り絵でデザイン 難病治療の子に夢の靴 横浜でオンラインイベント

靴の完成イメージ=ロシュ・ダイアグノスティックス提供

 難病治療中の子供たちが描いた塗り絵を靴のデザインにしてプレゼントする「ゆめいろシューズプロジェクト」が、横浜市内の子供たちを対象にオンラインで実施された。子供たちは夢中になって思い思いの色を塗り、世界に一つしかない自分だけの靴のデザインを仕上げた。【洪玟香】

 プロジェクトを企画したのは診断薬・機器メーカー「ロシュ・ダイアグノスティックス」(東京都)。同社は「アフリカ子どもの日」(6月16日)にちなみ、毎年6月に難病や貧困に苦しむ子供たちを支援するチャリティーイベントを実施している。今回は「子どもたちが(自力で)歩くことを支える」ことをテーマに「自分だけの特別な靴を作り、思い出に残るイベントにしよう」と発案した。

 自宅から離れ、心身ともにつらい治療に励む子供たちが、退院後の自身の姿を思い描き、治療に前向きになれるようにと願いを込めたという。同社の社員がNPO法人「横浜こどもホスピス」のスタッフと知り合いだったことから計画が始まり、新型コロナウイルスの影響で3カ月遅れて今月17日に実施された。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです