メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユリと旅館のコラボ「雪美人プロジェクト」 館内装飾や産地ツアー 新潟・津南

花の手入れをする女将の山岸麗好さん(奥)=新潟県津南町上郷上田の「しなの荘」で2020年9月18日午前10時28分、板鼻幸雄撮影

 新型コロナウイルスの影響で花卉(かき)生産や観光業が苦境に立たされる中、新潟県内有数のユリの産地、津南町の町ユリ切花組合が7月、町内の旅館と連携し「雪美人プロジェクト」を始めた。ユリと旅館という異例のコラボレーションで、逆境をバネにするねらいだ。【板鼻幸雄】

 雪美人は、同組合が生産する最高級のユリのブランド。中でも代表的な品種がカサブランカだ。同組合の年間作付け本数は130万本で、カサブランカをメインに50種類以上に及ぶ。

 しかしコロナ禍で各種イベントや成人式、結婚式が中止され、ユリの売り上げは激減。さらに緊急事態宣言が出され、町を訪れる観光客も減り、旅館も経営難に苦しんでいる。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 大阪で629人が新たに感染 過去3番目の多さ 新型コロナ

  5. 感染拡大「行政の責任が重い」40% ワクチン「期待」72% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです