メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府、6月から実施の「いらっしゃいキャンペーン」終了 予定の20万泊到達

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

[PR]

 大阪府は25日、国内観光を呼び込もうと6月から実施してきた「大阪の人・関西の人いらっしゃい!」キャンペーンについて、予定数の20万泊に達したため、受け付けを終了したと発表した。

 府内の施設に関西2府4県在住の人が宿泊する際、専用申し込みサイトに登録されたプランを利用すれば大阪府・市の負担で1人1泊2500円分が各種ポイントで還元される仕組み。当初の受付期限は7月末までだったが、利用が約4万人にとどまるなどしたため、期間を延長していた。

 府によると、来年1月末までの予約を対象としており、23日時点で既に約10万の宿泊と、約7万泊分の予約があったという。府は政府の旅行需要喚起策「Go Toトラベル」の開始や、夏休みや連休があったことで、利用が促進されたとみている。【芝村侑美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです