メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋港でヒアリの女王が数十匹 既に別の場所で繁殖か

名古屋港飛島ふ頭でのヒアリの防除作業=愛知県飛島村で2020年9月23日(環境省提供)

[PR]

 愛知県などは25日、名古屋港飛島ふ頭(同県飛島村)の土中から、強毒の外来種「ヒアリ」1000匹以上が見つかり、うち数十匹が女王アリだったと発表した。女王アリは羽が生えており、既に飛び立って別の場所で繁殖を始めている可能性があるため、11月までにふ頭全域の2キロ四方を調査する。 

 貨物船のコンテナ外で繁殖可能な女王アリが多数確認されたのは、2019年の東京港青海ふ頭(東京都江東区)に次いで全国2例目。

名古屋港飛島ふ頭で見つかったヒアリの女王アリ=環境省提供

 今回見つかったのは、ふ頭内の事業所の敷地と道路沿い。12~15日に働きアリ約700匹が既に確認されており、周囲を追加調査していた。その結果、繁殖可能な羽のある女王アリや雄アリ、卵、サナギなどを含め1000匹以上が新たに発見された。巣を形成していた。県と名古屋港管理組合は、見つかったヒアリを全て駆除した。今後も毒餌を継続的に置く。

 小泉進次郎環境相は25日、閣議後の記者会見で「現時点で(繁殖が続いている状態の)定着と判断されるような事象は確認されていないが、徹底的な防除とふ頭全域での調査を継続し、定着の防止に万全を期していきたい」と述べた。【太田敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです