メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

指揮者は指揮台で何をしているのか? セミナー聴講から、その役割をひもとく

オーケストラと歌手たちに指示を与えるオペラ指揮者セミナーの受講生(中央)。スクリーンには正面と側面の映像がリアルタイムで映し出される=びわ湖ホール提供

 指揮者は指揮台の上で、いったい何をやっているんだろう。疑問に感じたことはありませんか? オーケストラより一段高い場所に陣取って客席に背を向け、演奏中は休むことなく不思議な踊りを続ける。本人が音を出さないんだから「いてもいなくても一緒じゃないの」と考えるのも無理はない。謎を解明すべく、びわ湖ホール(大津市)のオペラ指揮者セミナーを聴講してみた。

 ホール芸術監督の沼尻竜典さんを講師とする3日間のセミナーは、5年前から毎年開かれ6回目を迎えた。今回の題材はドイツで人気の高い「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク作曲)だ。家族で楽しめるおとぎ話だが、ワーグナーの影響を受けた音楽は複雑で、破綻なく演奏することが難しい。

 8月4~6日に行われたセミナーの受講生はオペラの副指揮者など、ある程度キャリアを積んだ若手5人。ホール座付きの声楽家や大阪交響楽団(大響)が、指揮者のアクションに忠実に反応して音を出す。記者は最終日を聴講したが、ラストの成果発表で衝撃的な「事故」が起きた。

 クライマックスを担当した受講生が、指揮棒を持つ右手を振り下ろそうとしてストップ。大響も音を出すのをやめた。舞台裏からヘンゼルとグレーテルの父親が登場する場面だが、歌手の準備が整わないまま指揮棒を振り上げたのだ。指揮者は舞台の最高責任者。出演者から裏方に至るまで、全員の状況を把握した上で音楽を始めなければならない。

 特にオペラの場面転換では、指揮者と裏方との厳しい駆け引きが展開されているという。例えばワーグナーの楽劇「神々の黄昏(たそがれ)」の最終場面直前に流れる「ジークフリートの葬送行進曲」。感動的な音楽として名高いが、通常以上のスローテンポで壮大に鳴らされた時には、舞台装置の入れ替えに手間取っている可能性を疑ってみると、指揮者の仕事への理解が深まるかもしれない。

 指揮者の仕事で比較的わかりやすいのが「リズム…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文2269文字)

濱弘明

1965年、兵庫県生まれ、東京大学法学部卒。89年入社で政治部、特別報道部、地方部、運動部、編集制作センター(整理)などで取材記者やデスクを歴任し、2017~19年大津支局長。19年7月から大阪学芸部長。「選抜高等学校野球大会80年史」の編集責任者を務めた。音楽の演奏史などの分野に明るい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです