メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井王位らの封じ手オークション入金確認 計2250万2000円 九州豪雨被災地に寄付

王位戦第4局の封じ手

 日本将棋連盟は25日、インターネットオークションに出品された将棋の第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)での藤井聡太王位(18)らの封じ手用紙3通について、いずれも最高額落札者からの入金を確認した、と発表した。3通の落札額合計は2250万2000円となり、実費を差し引いた額が西日本新聞民生事業団、日本赤十字社を通じて九州豪雨被災地への救援金として寄付される。

 オークションは藤井王位と七番勝負で対戦した木村一基九段(47)=当時は王位=が7月の九州豪雨の被災地支援のため提案し実現。第2~4局の封じ手が出品され、藤井王位が封じた第4局の封じ手には1500万円の値がついた。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです