メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人気ユーチューバーは73歳 チャンネル登録68万人 画家・柴崎春通さん

自宅のアトリエで撮影機材や画材に囲まれる画家でユーチューバーの柴崎春通さん=千葉県内で2020年9月4日、北山夏帆撮影

水彩画教室「楽しく分かりやすく」

 動画投稿サイトのユーチューブで、チャンネル登録者数68万人と人気を集めるおじいちゃんユーチューバーがいる。画家の柴崎春通(はるみち)さん(73)だ。主に水彩画の描き方を紹介する動画を投稿。最も再生数の多い動画は500万回を超える。アトリエを訪ね、人気の源を探った。

息子に誘われ

 「こんにちは、柴崎です」。動画の冒頭と同じあいさつで出迎えてくれた柴崎さんは、森や田畑に囲まれた自宅内のアトリエを早速見せてくれた。無数の画材と共に、撮影用の一眼レフカメラやLED照明、コンピューター機器などが並んでいた。「撮影は、ほぼ1人でやっています」

 1947年、千葉県生まれ。和光大学芸術学科を卒業後、絵画の通信学校で油絵や水彩画の講師として勤務。2001年に3カ月間渡米してさらに技術を磨いた。また、毎年1、2回、銀座で個展を開催。「ありがたいことに徐々に固定客も増えていき、あちこちから講師としてのお声もかかりました」

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  4. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  5. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです