メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

秋分の日のNHK大相撲中継 俳句挟み情緒高めた好企画=やくみつる

照ノ富士の一番で正岡子規の俳句が紹介された場面=9月22日のNHK総合の大相撲中継から

 初日から両横綱が休場し、荒れる場所となるだろうことは想像していた大相撲秋場所だが、果たして中日を2敗で9力士が折り返すというシッチャカメッチャカの展開。本稿が掲載となる頃にはどのような形勢となっていることやら。

 が、そんな中、出色のNHK大相撲中継となったのが22日秋分の日の中入り後。担当は重鎮、藤井康生アナウンサーと解説に舞の海秀平さん。連休最終日となったこの日は少々趣向を凝らし、放送の随所で正岡子規の俳句を紹介しながらの進行となった。これが漂い始めた秋の気配と相まって、実に心地よい放送となってくれた。

 大相撲に限らず、スポーツ中継の場合、常と違った試みを取り入れると、十中八九しくじると相場が決まっている。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです