メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 「苦しみ分かってほしい」 小島さんが最終陳述 札幌地裁 /北海道

車椅子に座り札幌地裁に入る原告の小島喜久夫さん(中央手前)と弁護団メンバーら=札幌市中央区で2020年9月25日午前10時32分、土谷純一撮影

 「この苦しみを裁判所に分かってほしい」――。旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、国に1100万円の慰謝料を求める小島喜久夫さん(79)=札幌市=は札幌地裁で25日開かれた第9回口頭弁論で、結審を前に最終意見陳述した。

 小島さんは「仙台の裁判が起こされるまで、国がこんな法律に基づいて手術を行ったとは思ってもみなかった」と憤りを抑えるように語り、「私が味わった気持ちを、もう誰…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  4. 近大生一気飲み死亡、学生など9人を略式起訴へ 刑事責任問うのは異例

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです