メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発 処理水「最重要課題」 経産相、風評対策事前提示せず /福島

内堀雅雄知事(左)と「グータッチ」する梶山弘志経済産業相=福島県庁で2020年9月25日、高橋隆輔撮影

 菅義偉内閣で再任された梶山弘志経済産業相が25日、県庁で内堀雅雄知事を表敬訪問した。東京電力福島第1原発構内にたまる汚染処理水の処分方法の早期決定に決意を示す一方、要望が多く上がっている方針決定前の具体的な風評被害対策の提示には否定的な姿勢を示した。

 梶山経産相は「新たな体制になったが、経産省にとって廃炉・汚染水対策が最重要課題であることに変わりはない」とあいさつ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです