メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

談合情報を受け 県入札取りやめ /三重

 県は25日、談合の疑いがあるとして県発注の災害対策工事の指名競争入札を取りやめたと発表した。開札前に談合情報が県に寄せられ調査した結果、「談合は確認できなかったが、疑いを払拭(ふっしょく)できない」と結論づけた。

 工事は尾鷲建設事務所(尾鷲市坂場西町)発注の同市九鬼町地内の崖崩れ防止工事。予定価格…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 「チームを引っ張るはずが、足を引っ張っていた」は過去の話 パナソニック主将・法兼 都市対抗

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「吹田の戦争遺跡をめぐる」発行記念 歴史学び、当事者性持って 執筆者・塚崎さん講師に学習会 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです