メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚枝肉コンで名誉賞 「とよさ」前田社長が伊賀市役所訪問 /三重

自社の豚肉を持つ前田豊作さんと名誉賞のトロフィー=三重県伊賀市役所で2020年9月25日午後3時9分、大西康裕撮影

 「第60回農林水産祭参加表彰行事第8回全日本豚枝肉コンクール」(4日、大阪市)で、伊賀市市部の「とよさ」が名誉賞を獲得した。前田豊作社長(40)が25日、市役所を訪れ、報告した。

 前田さんは津市出身。2009年2月に伊賀市内で飼料関係の会社を起業し、3年前から伊賀市の会社所在地とは別の場所で養豚業を始めた。現在は家族を含め7人で約1000頭を飼っている。

 同コンクールは8府県の12出品者の合計165頭が競い、同社が出品した15頭のうちの1頭の枝肉73・6キロが、背脂肪の厚さや肉の締まり、色などの審査で頂点に輝いた。初出品だった前田さんは「勉強のつもりだった。何が何だか分からなかった」と決定の瞬間を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです