神戸市が就職支援 AIで希望職と“良縁”を SNS使い手軽に相談 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で雇い止めに遭った人や就職氷河期世代をサポートするため、神戸市は10月、AI(人工知能)とSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した就職支援サービスを始める。求職者はキャリアコンサルタントと無料通信アプリ「LINE(ライン)」で手軽に相談でき、求める条件に合った企業の紹介を受けられる。【反橋希美】

 対象者は、新型コロナの影響で雇い止めに遭ったり、1993年から2005年に大学や専門学校などを卒業して就職活動を経験したりした神戸市在住・在勤の人。LINEのチャットボット(自動応答システム)でスキルや就きたい仕事のイメージを絞り込んでから、キャリアコンサルタントが相談に乗る。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文758文字)

あわせて読みたい

注目の特集