メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

「女の気持ち」に戦争体験を投稿 福田郁子さん(98)=香芝市 戦争ない当たり前の日常を /奈良

「戦争は絶対にしたらあかん」と話す福田さんと愛犬のあんずちゃん=香芝市で2020年9月16日午後2時40分、林みづき撮影

 家族以外に明かすことはなかった戦争体験。75回目の終戦の日(8月15日)、読者投稿コラム「女の気持ち」で初めてつづった。思い出すのもつらく、何度も語るのはやめようと思った体験だった。

 終戦の年の1945年、親戚を頼って疎開した熊本で空襲に遭った。夕飯が済んだ午後7時ごろ、これまで素通りしていた米軍の爆撃機「B29」が焼夷(しょうい)弾を次々と投下した。手術後の友人を背負い、たどり着いた川の石段で生き延びた。操縦士の顔が見えるほど低空飛行する爆撃機の姿は今も目に焼き付いている。翌朝戻ると、家は跡形もなかった。

 終戦後、大阪へ戻ったが、食料がない。8歳上の姉に「奈良には野菜があるよ」と言われ、橿原までやって来たこともあった。しかし、苦労して手に入れた食材は駅で警察に没収された。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです