メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー CSLチャンピオンシップあす決勝 バレイン下関、全国へ王手 チーム創設初の快挙に挑む /山口

平日夜に激しいトレーニングを重ねるバレイン下関の選手たち

 サッカー中国地域リーグ(CSL)に所属する下関市の社会人チーム「FCバレイン下関」が27日午後1時、同市の乃木浜総合公園で開催される「CSLチャンピオンシップ」の決勝に出場し、中国地域代表の座をかけて「SRC広島」(広島市)と対戦する。優勝すればチーム創設初の全国大会出場をつかみ、悲願のJリーグ入りに一歩近づく重要な一戦だ。

 バレインはフランス語で鯨の意味。「下関にJリーグを!」を合言葉に、市サッカー協会を母体として2006年に設立した。選手31人は事務職や作業員、測量技師などとして働きながら平日夜や週末に練習している。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです