メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU、デジタル通貨規制案 リブラ念頭、厳格化

 欧州連合(EU)欧州委員会は24日、デジタル通貨の規制案を公表した。発行の事前承認制や厳格な監督の実施が柱だ。米フェイスブックが計画する仮想通貨(暗号資産)「リブラ」を念頭に、通貨発行や金融政策といったEUの主権を守るため、厳しい規制を実施する。独自案を早期に示し、国際的な規制づくりを主導したいとの思惑がある。

 EUは包括規制の導入時期の目標を2024年までと設定しており、実施はまだ先になる。だがEU域内でデジタル通貨の発行を目指す民間企業などの中には、規制案の要求に即した対応を先取りして進めていくところもありそうだ。日本など世界各国も対応を迫られる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 宇都宮大が2次試験中止 共通テスト成績などで合否 「受験生の健康最優先」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. リオのカーニバル中止 7月延期でも「不可能」 新型コロナ

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです