メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

興福寺の袴腰、最古か 鐘楼調査で創建時規模判明

興福寺境内の発掘調査で見つかった鐘楼の遺構。奥は中金堂=奈良市で2020年9月24日、山田尚弘撮影

 奈良文化財研究所(奈文研)は25日、興福寺(奈良市)境内の発掘調査で、8世紀前半とみられる「鐘楼」の礎石や土台部分の基壇を確認し、創建当初の規模や構造が判明したと発表した。奈良時代の鐘楼としては大安寺、薬師寺に次ぐ大きさで、下層が末広がりになった「袴腰(はかまごし)」と呼ばれる構造は、最古の例となる可能性がある。興福寺は平城遷都に伴う710年、藤原不比等(659~720年)が建立。今回明らかになった鐘楼の規模や構造からも藤原氏の権勢の大きさがうかがえる。

 鐘楼は2階部分に釣り鐘があり、僧侶が法要の時間などを知らせるために鳴らしていた。興福寺では中世以降、平氏による南都焼き打ち(1180年)などで過去8回火災に遭い、その都度再建されてきたが、1717年の焼失後は再建されなかった。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです