特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『プライヴァシーの誕生 モデル小説のトラブル史』=日比嘉高・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
『プライヴァシーの誕生 モデル小説のトラブル史』
『プライヴァシーの誕生 モデル小説のトラブル史』

 (新曜社・3190円)

 明治以来、小説のモデルとされた人物が多くおり、作家とモデルとのあいだにトラブルは絶えない。モデル小説をめぐる争いを解明したり、作家研究の一環として論じたりするものはこれまでにもあったが、「私的領域」という意識の誕生と変遷との関係性において、この問題を捉え直すのは初めての試みである。

 一口にモデル小説とは言っても、時代によって作家の意識も、描写の仕方も、読者の受け止め方も同じではない。内田魯庵、島崎藤村から三島由紀夫、柳美里にいたるまで、一世紀を超える歴史をたどってみると、時代ごとに想像力投影の仕方が違い、言語表現の性質が変わっただけでなく、モデル小説をめぐる人々の認識も社会の変化と響き合っていたことが浮き彫りにされた。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文501文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集