メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『プライヴァシーの誕生 モデル小説のトラブル史』=日比嘉高・著

『プライヴァシーの誕生 モデル小説のトラブル史』

 (新曜社・3190円)

 明治以来、小説のモデルとされた人物が多くおり、作家とモデルとのあいだにトラブルは絶えない。モデル小説をめぐる争いを解明したり、作家研究の一環として論じたりするものはこれまでにもあったが、「私的領域」という意識の誕生と変遷との関係性において、この問題を捉え直すのは初めての試みである。

 一口にモデル小説とは言っても、時代によって作家の意識も、描写の仕方も、読者の受け止め方も同じではない。内田魯庵、島崎藤村から三島由紀夫、柳美里にいたるまで、一世紀を超える歴史をたどってみると、時代ごとに想像力投影の仕方が違い、言語表現の性質が変わっただけでなく、モデル小説をめぐる人々の認識も社会の変化と響き合っていたことが浮き彫りにされた。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです