SDGsの17目標、小倉織に 再生糸使い柄開発 北九州の企業

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
SDGsをイメージした小倉織の生地で作られたエコバッグと風呂敷=北九州市小倉北区紺屋町で2020年9月25日、浅野翔太郎撮影
SDGsをイメージした小倉織の生地で作られたエコバッグと風呂敷=北九州市小倉北区紺屋町で2020年9月25日、浅野翔太郎撮影

 北九州の伝統工芸・小倉織を手がける小倉北区の小倉縞縞(しましま)(渡部英子社長)が、小倉織の新たな柄として、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)の17の目標を示す各色を表現した生地を開発した。再生糸を織り込むなど、色だけでなくその理念を踏襲。今後、商品の開発や法人向けの販売などを進める。

 小倉織の特徴であるストライプ柄を出す縦…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文402文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集