メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見た目にびっくり!昆虫食 「未来の食材、長崎から」 佐世保の会社が開発

発売された昆虫食。左からコオロギ、オオスズメバチ、オケラ=長崎県佐世保市役所で2020年9月14日、綿貫洋撮影

 昆虫を食べて見ませんか――。長崎県佐世保市のイベント会社「アートスタジオわお」(諸岡健明(たつあき)社長)は、コオロギやバッタを素揚げしたり乾燥させたりした「昆虫食」を発売した。見た目こそグロテスクだが、干しエビのような食感と香ばしさがある。諸岡社長は「未来の食材となる昆虫食を全国に発信したい」と意気込む。【綿貫洋】

 昆虫食は動物性たんぱく質や鉄分などを多く含み、栄養価が高い上に、牛や鶏に比べて少ない餌で短期間で育つため飼育効率も良い。国連食糧農業機関(FAO)が2013年、食糧不足の解決策の一つとして昆虫食を挙げたことで、一躍世界的に注目されるようになった。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです