メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見た目にびっくり!昆虫食 「未来の食材、長崎から」 佐世保の会社が開発

発売された昆虫食。左からコオロギ、オオスズメバチ、オケラ=長崎県佐世保市役所で2020年9月14日、綿貫洋撮影

 昆虫を食べて見ませんか――。長崎県佐世保市のイベント会社「アートスタジオわお」(諸岡健明(たつあき)社長)は、コオロギやバッタを素揚げしたり乾燥させたりした「昆虫食」を発売した。見た目こそグロテスクだが、干しエビのような食感と香ばしさがある。諸岡社長は「未来の食材となる昆虫食を全国に発信したい」と意気込む。【綿貫洋】

 昆虫食は動物性たんぱく質や鉄分などを多く含み、栄養価が高い上に、牛や鶏に比べて少ない餌で短期間で育つため飼育効率も良い。国連食糧農業機関(FAO)が2013年、食糧不足の解決策の一つとして昆虫食を挙げたことで、一躍世界的に注目されるようになった。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです