メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収

サニブラウン「東京で金、思い変わらない」 オリンピック300日前で会見

開幕まで300日となった東京オリンピックへの思いを語るサニブラウン・ハキーム=東京都内で2020年9月26日午後0時半、小林悠太撮影

 史上初の延期となった東京オリンピックの開幕まで300日となった26日、陸上男子100メートルの日本記録保持者で米国から一時帰国中のサニブラウン・ハキーム(21)が東京都内で取材に応じ、「東京五輪への思いは変わっていない。目標はずっと一番高い金メダルに設定している」と心境を語り、ぶれない姿勢を印象づけた。

 新型コロナウイルスの影響で主要国際大会が延期や中止されたことを受け、長期計画で強化を図ろうと今年は1レースも出場していない。8月下旬に帰国したが、昨年は100、200メートルの短距離2冠を達成した日本選手権(10月1~3日・新潟)も欠場する。「しっかり休んで、来年走れればいい」と冷静に先を見据えている。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです