正代が2敗守り単独首位 千秋楽で翔猿に勝てば幕内初優勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
押し倒しで朝乃山を破った正代(右)=東京・両国国技館で2020年9月26日、玉城達郎撮影
押し倒しで朝乃山を破った正代(右)=東京・両国国技館で2020年9月26日、玉城達郎撮影

 大相撲秋場所14日目は26日、東京・両国国技館で行われ、関脇・正代が大関・朝乃山を押し倒して12勝目を挙げ、単独首位に立った。正代と並んでいた新入幕の翔猿は初めての大関戦で貴景勝にはたき込まれ、3敗に後退した。正代は千秋楽で翔猿に勝てば幕内初優勝が決まる。

 優勝の可能性は2敗の正代、3敗の翔猿と貴…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

あわせて読みたい

注目の特集