183キロ大関の厚い壁 翔猿3敗 次へ決意「翻弄できたらチャンス」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
はたき込みで貴景勝に敗れた翔猿(奥)=東京・両国国技館で2020年9月26日、玉城達郎撮影
はたき込みで貴景勝に敗れた翔猿(奥)=東京・両国国技館で2020年9月26日、玉城達郎撮影

 大相撲秋場所14日目は26日、東京・両国国技館で行われ、新入幕の翔猿(28)=追手風部屋=は大関・貴景勝(24)=千賀ノ浦部屋=に敗れ、11勝3敗となった。

 目を見張る勢いで優勝争いの先頭を走ってきた翔猿だが、楽日を前に大関の壁にはね返された。

 183キロの大関・貴景勝に、131キロの翔猿は「自分の力がどこまで通用するか試したかった」と真っ向から立…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集