メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

千葉牧場社長 川上鉄太郎さん(34) 地域の魅力、第三者視点で /千葉

川上鉄太郎さん

 千葉市が半世紀以上運営してきた若葉区の乳牛育成牧場を引き継ぎ、新たに観光牧場「千葉ウシノヒロバ」として10月末にオープンさせる。子牛を預かり良質な乳牛に育ててきた伝統を継承しつつ、地域の魅力も知ってもらえる観光施設として再生させたい考えだ。

 横浜市で生まれ、東京都内で育った都会っ子。起業家の父には幼い頃から「何のために生きるのか。まずは世界のため、そして日本のため、次に家族や友人など自分の周りの人のため、最後が自分のため」と教わった。

 学生の頃、地方創生の名の下に各地で「ゆるキャラ」や土産物のデザインの刷新などさまざまな取り組みが登場した。だが、どれも同じように感じ、「このままでは地方は衰退の一途だ」と危機感を覚えた。その思いは、都内で経営コンサルタントとしてさまざまな企業の課題解決や未来予測をする中でますます強くなった。自分の知恵やノウハウを地方に還元できないかと動き始めた。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです