メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内のマイナンバーカード 松阪市が交付率首位 /三重

 マイナンバーカード所有者が最大5000円分のポイントをもらえる「マイナポイント」事業開始から1カ月。カード申請手続きの複雑さが敬遠され、全国的な低調が伝えられる中、松阪市のカード交付率が25・97%(県平均は17・4%)と県内トップを走っている。県のまとめ(13日現在)で20%を超えているのは菰野町(22・88%)、いなべ市(21・52%)、桑名市(20・47%)だけ。松阪市はマイナポイントも事前申請が始まった7月以降、市役所だけでも計約2200人(23日現在)が申請済みだという。

 交付率が高い理由について同市戸籍住民課は、「市役所内にあった住民票、印鑑証明の交付機2台が老朽化したため、18年2月から、より多くの申請が全国どこからでも可能で、運営コストも安いコンビニでの申請をスタートした。これに合わせてマイナンバーの申請をメディアなどで呼びかけたのが大きい」と分析。また、「早くからカードに使う顔写真を市役所で撮影したり、学校や商業施設、公民館に職員が出向いて申請を受け付けた…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです