メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

人生で大事なことはみんなゴリラから教わった /京都

 <活字を楽しむ>

 (山極寿一著 家の光協会、1300円(税抜き))

 スマートフォンやインターネットの普及により、現代社会には情報があふれている。常時更新され、人々は乗り遅れまいと慌ただしい。そこで、人間の行動の意味を、一度立ち止まって考えてみよう、というのが本書の試みだ。40年以上にわたりゴリラ研究に従事してきた京都大学長の山極寿一氏が、アフリカや国内でのフィールドワークなどの思い出を紹介し、それらを通じて「私たちはどう生きるか」を示す。

 山極氏によると、ゴリラから学ぶことは多い。食事の意味から友達の作り方まで、本書のタイトルにあるように「人生で大事なこと」ばかりだ。外食やインスタント食品のおかげで食事の時間が節約され、孤食の機会も増えたが、それは仲間と集う大事な機会を損失していることをも意味する。ゴリラは仲裁がうまく勝ち負けを作らないという。勝つことばかりが礼賛され、友達関係を壊すことにもつながる風潮への警鐘でもある。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです