メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

リモートで十分 /兵庫

 大学3年生の娘は、新型コロナウイルス感染拡大のために春から全くキャンパスに行けないままです。前期の授業が5月からリモートで始まりましたが、対面の授業は一度も受けずに8月初旬に前期は終了。以後は夏休みです。四六時中、仲間と過ごしていた私自身の学生時代を振り返り、「かわいそうに」と話すと、同情には当たらないと言われてしまいました。

 彼女によれば、「授業はリモートで十分。通学しないから時間の節約になるし、仲の良い子とは勝手に予定を立てて遊びに行くから、大学に行かなくても全く問題ない」のだそうです。余った時間を使って語学やプログラミングなど将来のための勉強を始めた友人も多いのだとか。今時の若者の柔軟さと積極性には驚くばかりです。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです