連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

安倍前首相の評価 遂げた改革一覧に失望=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=渡部直樹撮影
=渡部直樹撮影

 首相の連続在任日数の最長記録を樹立した直後に退陣した安倍晋三前首相をどう評価すべきだろうか。

 第1次政権を含め9年弱に及んだ安倍政権の主な業績を考えると、多くは前任者らが手掛けた政策だった。中央省庁の幹部人事を官邸が握り、一元化したことが政権の業績として挙げられるが、この取り組みは民主党政権時代(2009~12年)に始まっていた。管理するという点では、この政権はメディアからの批判を抑えることにも力を入れていた。

 安倍氏の外交イニシアチブが、日本の国際的な印象、友好関係、米国から自立して活動する能力に重要な変化をもたらした、とも指摘されている。間違いではないが、これらの変化も前の首相たちの時代にさかのぼれる。日本とインドの密接な関係は、森喜朗元首相の時に始まり、後を継いだ小泉純一郎元首相の下で広く注目された。日本と豪州、そして英国との関係も同じだ。「インド洋から太平洋まで民主主義や自由を擁護する」といった…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1706文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集