メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

安倍前首相の評価 遂げた改革一覧に失望=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=渡部直樹撮影

 首相の連続在任日数の最長記録を樹立した直後に退陣した安倍晋三前首相をどう評価すべきだろうか。

 第1次政権を含め9年弱に及んだ安倍政権の主な業績を考えると、多くは前任者らが手掛けた政策だった。中央省庁の幹部人事を官邸が握り、一元化したことが政権の業績として挙げられるが、この取り組みは民主党政権時代(2009~12年)に始まっていた。管理するという点では、この政権はメディアからの批判を抑えることにも力を入れていた。

 安倍氏の外交イニシアチブが、日本の国際的な印象、友好関係、米国から自立して活動する能力に重要な変化をもたらした、とも指摘されている。間違いではないが、これらの変化も前の首相たちの時代にさかのぼれる。日本とインドの密接な関係は、森喜朗元首相の時に始まり、後を継いだ小泉純一郎元首相の下で広く注目された。日本と豪州、そして英国との関係も同じだ。「インド洋から太平洋まで民主主義や自由を擁護する」といった…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです