特集

関西経済

関西の経済、企業情報のページです。経済の話題を分かりやすく伝え、キーパーソンのインタビューや識者コラムもお届けします。

特集一覧

なるほドリ

大阪万博ロゴ、何を表現? つながる細胞イメージ 独特のデザインに賛否=回答・宇都宮裕一

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 2025年大阪・関西万博のロゴマーク=日本国際博覧会協会提供=が決まったんだってね。どんなデザインなの?

 記者 細胞(さいぼう)をイメージした赤い楕円(だえん)が輪のようにつながった一つの生命体を表しました。目玉のような細胞核(かく)は1970年大阪万博のロゴをモチーフにしています。公募で集まった5894作品から、万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に合うとして選ばれました。選考委員会座長で建築家の安藤忠雄さんは「左右対称ではない大阪らしい楽しさがあり、良い『違和感(いわかん)』もある」と評価しました。

 Q 独特のデザインが、賛否両論を巻き起こしているんだって?

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文754文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集