メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

大阪万博ロゴ、何を表現? つながる細胞イメージ 独特のデザインに賛否=回答・宇都宮裕一

 なるほドリ 2025年大阪・関西万博のロゴマーク=日本国際博覧会協会提供=が決まったんだってね。どんなデザインなの?

 記者 細胞(さいぼう)をイメージした赤い楕円(だえん)が輪のようにつながった一つの生命体を表しました。目玉のような細胞核(かく)は1970年大阪万博のロゴをモチーフにしています。公募で集まった5894作品から、万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に合うとして選ばれました。選考委員会座長で建築家の安藤忠雄さんは「左右対称ではない大阪らしい楽しさがあり、良い『違和感(いわかん)』もある」と評価しました。

 Q 独特のデザインが、賛否両論を巻き起こしているんだって?

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです