メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

与謝野晶子の問いかけ

与謝野鉄幹・晶子の墓の前にたたずむ八木澤壮一・東京電機大名誉教授と長江曜子・聖徳大教授(左)

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「やはりコロナの時代だから、この人しかいませんね」。お墓博士の長江曜子・聖徳大教授と行く墓めぐり。8回目の行き先は多磨霊園(東京都府中市)にある与謝野晶子の墓ということに決まった。なぜいま晶子なのか。「えっ、知らないの? 晶子は100年前、一家でスペイン風邪にかかり、鋭い政府批判をしているんですよ!」。今回は火葬場研究の泰斗、八木澤壮一・東京電機大名誉教授も一緒だった。

 晶子については「みだれ髪」で有名な歌人という程度の知識しか持ち合わせていなかった。あとは代表作の反戦詩「君死にたまふことなかれ」とか。でも今回、女性の自立を目指した社会評論家でもあったことを知る。「『女らしさ』とは何か」と題された評論にはこんな一文がある。「妊娠ということが男子の協力に待たねばならないのを初めとして、子供を養育するにも、教育するにも、父と母との両者の愛、両者の聡明(そうめい)、両…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中古車販売好調 地方移住も追い風 「密」避けた交通手段 長野

  2. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  3. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

  4. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  5. ジスカールデスタン元仏大統領死去 94歳 新型コロナで サミット発足に注力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです