メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

中立性重んじるASEANの力 ビクター・マンヒット シンクタンク「ストラトベース」代表(フィリピン)

 東南アジア諸国や周辺国には、地域秩序を守るために果たすべき役割がある。激化する米中間の対立に揺らぐべきではない。

 南シナ海を含めたインド太平洋地域で起きている米中対立の背景には、自国の利益を最大化するため、この地域を掌握する必要があるとの中国政府の認識がある。インド太平洋地域では従来、軍事力や秩序の維持において米国が存在感を示しており、これに中国が対抗しているのが現状だ。

 地域の当事者である東南アジア諸国連合(ASEAN)やオーストラリア、日本、インドなどの各国は、政治や経済、安全保障など幅広い部分で影響し合っている。この地域の秩序形成に、もっと積極的に関わるべきだ。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです