メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

小説を書きたい 自分の経験深掘りして

小説講座で講義する根本昌夫さん。コロナ禍への対策で透明のビニール越しに話す=東京都新宿区で8月7日、棚部秀行撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 出版社などが主催する文学新人賞への応募作は増加傾向にあり、シニア世代で小説を書く人、書きたい人もいる。ただ、いざ執筆しようとすると、何をどう書けばいいのか、とっかかりを見つけられない人も多いのではないか。この夏、「首里の馬」で芥川賞を受賞した高山羽根子さん(45)をはじめ、3人の芥川賞作家が小説講座で教えを受けた、編集者の根本昌夫さん(67)に小説の書き方を聞いた。

 「今のコロナ禍を思わせる作品」「言葉の選び方が広くて丁寧」「暴力の場面に必然性がないのでは」

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  4. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです