メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

一斉休校で見えた障害児放課後デイの課題は 今回のゲスト 中村尚子さん

対談する森健さん(左)とNPO法人発達保障研究センター常務理事の中村尚子さん=東京都千代田区で7日、吉田航太撮影

 新型コロナ禍で政府は学校の一斉休校に踏み切ったが、障害児が通う特別支援学校と放課後デイサービスも経営が悪化するなどさまざまな影響が出た。「障害のある子どもの放課後保障全国連絡会」副会長で、放課後デイに詳しい中村尚子さんに、ジャーナリストの森健さんが実情と今後の課題を聞いた。【構成・栗原俊雄、撮影・吉田航太】

 森 少子化が進む中で、障害児が通う特別支援学校や特別支援学級の児童生徒は増えています=注<1>。大半が知的障害や発達障害の子どもたちです。保護者らの間にも、子どもの発達のためにも特別な教育の場を求める傾向が広がっている印象がありますが、増加の理由についてどう考えますか。

 中村 義務教育段階で特別支援教育を受ける子どもは現在4%程度です。この割合は10年で倍になっています。確かに、障害についての理解が広がっていることが背景にあります。ただ、現場や研究者の間では「通常学級が窮屈になっているのも大きい」という指摘があります。たとえば「○○学校スタンダード」という言葉が広がっています。ノートの取り方や授業中の姿勢、授業以外でも掃除中はおしゃべり禁止などの細かいルールが示…

この記事は有料記事です。

残り3077文字(全文3568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. プロ野球・阪神、福留を戦力外の方針 球界最年長43歳

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです