連載

森健の現代をみる

ジャーナリストの森健さんが、さまざまな分野で活躍するゲストと対談する新企画。

連載一覧

森健の現代をみる

一斉休校で見えた障害児放課後デイの課題は 今回のゲスト 中村尚子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
対談する森健さん(左)とNPO法人発達保障研究センター常務理事の中村尚子さん=東京都千代田区で7日、吉田航太撮影
対談する森健さん(左)とNPO法人発達保障研究センター常務理事の中村尚子さん=東京都千代田区で7日、吉田航太撮影

 新型コロナ禍で政府は学校の一斉休校に踏み切ったが、障害児が通う特別支援学校と放課後デイサービスも経営が悪化するなどさまざまな影響が出た。「障害のある子どもの放課後保障全国連絡会」副会長で、放課後デイに詳しい中村尚子さんに、ジャーナリストの森健さんが実情と今後の課題を聞いた。【構成・栗原俊雄、撮影・吉田航太】

この記事は有料記事です。

残り3413文字(全文3568文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集