メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み 日本選手権 14歳玉井が最年少優勝

男子板飛び込みで優勝した玉井の6回目の演技=大西岳彦撮影

 飛び込みの日本選手権第2日は26日、新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスプールで行われ、男子板飛び込みは11日に14歳になったばかりの玉井陸斗(JSS宝塚)が439・35点で制した。日本水連によると、男女を通じてこの種目の最年少優勝。1995年に勝った寺内健(ミキハウス)の14歳11カ月を塗り替えた。

 玉井は昨年の日本選手権で、高飛び込みも史上最年少で頂点に立った。高飛び込みは27日に行われる。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

  5. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです