メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み 日本選手権 14歳玉井、最年少V 男子板

 飛び込みの日本選手権第2日は26日、新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスプールで行われ、男子板飛び込みは11日に14歳になったばかりの玉井陸斗(JSS宝塚)が439・35点で制した。日本水連によると、男女を通じてこの種目の最年少優勝。1995年に勝った寺内健(ミキハウス)の14歳11カ月を塗り替えた。

 玉井は昨年の日本選手権で、高飛び込みも史上最年少で頂点に立った。高飛び込みは27日に行われる。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです