メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

 DeNAが逆転勝ちで5割復帰。2点を追う二回に宮崎がソロ。四回に倉本の適時打で同点とし、暴投で勝ち越した。先発の浜口は尻上がりに調子を上げ6勝目。広島は森下が粘投したが、打線が二回以降、沈黙した。

 視界に捉えている新人王に向け、足踏みした。広島のルーキー右腕の森下の真骨頂である制球力は影を潜めた。7回4失点で自身5連勝はならず、3敗目を喫した。

 相手は唯一、白星を挙げられていないDeNA。1点差に追い上げられて迎えた四回、先頭の宮崎から3連打を浴びて同点とされた。さらに2死二、三塁から梶谷への4球目のカーブはワンバウンドし、暴投となって勝ち越しを許した。「やってはいけない点を与えてしまった」。精度の高い球を四隅に配するのが持ち味だが、自らのコントロールミスで決勝点を献上してしまった。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです