メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川・座間事件 「9人殺害、死刑じゃ足りないんじゃ」 被告、起訴内容認める方針 弁護側は争う姿勢

9人の遺体が見つかった白石被告が住んでいたアパート=神奈川県座間市で2017年11月11日、本社ヘリから和田大典撮影

 神奈川県座間市のアパートの一室から2017年に9人の切断された遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(29)の初公判が30日、東京地裁立川支部で開かれる。弁護側が殺人罪の成立を争う姿勢を示す中、立川拘置所(東京都立川市)に勾留中の白石被告は毎日新聞の取材に、起訴内容を認める方針を明らかにした。被告と弁護側の意見が異なったまま初公判を迎える。

この記事は有料記事です。

残り1706文字(全文1895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 特急が踏切で軽ワゴン車と衝突、先頭車両が脱線 けが人なし 阪急神戸線

  3. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補てんか 東京地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです