メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

新制度のNISAの仕組みは?

 Q 新制度のNISAの仕組みは?

 一般NISAと、つみたてNISAのどちらを選べば良いか決めかねており、まだNISAを利用していません。法改正により併用できるようになると聞き、利用を検討しています。新制度の仕組みを教えてください。(女性、60代)

2階建てで初心者も利用しやすく

 A 2024年以降、2階建ての「新NISA」がスタートします。1階部分には、年20万円以内の投資枠が設定され、従来の「つみたてNISA」と同一の公募株式投資信託などに積み立て投資できます。金融庁の厳しい選定基準をクリアした、運用コストが低く分配金を頻繁に払い出さないタイプの商品から購入できるため、投資初心者にも利用しやすくなっています。2階部分には、年102万円以内の投資枠が設定され、上場株式や公募株式投資信託などに投資できます。いずれも非課税期間は5年間であり、28年まで購入できます。

 例えば「新NISA」の利用を24年に始めたとします。5年間の非課税期間を終えて29年以降も継続保有したい場合は、2階部分を課税口座に移すことが可能です。1階部分は、従来の「つみたてNISA」に設定されている年40万円以内の新たな非課税投資枠に移管(ロールオーバー)した後、48年まで通算25年間非課税で運用できます。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです