メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

新制度のNISAの仕組みは?

 Q 新制度のNISAの仕組みは?

 一般NISAと、つみたてNISAのどちらを選べば良いか決めかねており、まだNISAを利用していません。法改正により併用できるようになると聞き、利用を検討しています。新制度の仕組みを教えてください。(女性、60代)

 A 2024年以降、2階建ての「新NISA」がスタートします。1階部分には、年20万円以内の投資枠が設定され、従来の「つみたてNISA」と同一の公募株式投資信託などに積み立て投資できます。金融庁の厳しい選定基準をクリアした、運用コストが低く分配金を頻繁に払い出さないタイプの商品から購入できるため、投資初心者にも利用しやすくなっています。2階部分には、年102万円以内の投資枠が設定され、上場株式や公募株式投資信託などに投資できます。いずれも非課税期間は5年間であり、28年まで購入できます。

 例えば「新NISA」の利用を24年に始めたとします。5年間の非課税期間を終えて29年以降も継続保有したい場合は、2階部分を課税口座に移すことが可能です。1階部分は、従来の「つみたてNISA」に設定されている年40万円以内の新たな非課税投資枠に移管(ロールオーバー)した後、48年まで通算25年間非課税で運用できます。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです