メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ死者、世界で100万人に迫る WHO「200万人に達する恐れ」と警鐘

アルゼンチン・ブエノスアイレスの病院の集中治療室で横たわる新型コロナの患者=AP

 新型コロナウイルス感染症による世界全体の死者数が100万人に迫っている。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、27日現在の死者数は99万4810人、累計感染者は3288万人を超えた。南北米大陸を中心に1日当たりの世界の死者数は5000人前後で推移しており、流行の収束からはほど遠い状況だ。世界保健機関(WHO)は、仮にワクチンが開発された場合でも世界の死者は200万人に達する恐れがあると警鐘を鳴らす。

 国別では米国の死者が約20万4500人、累計感染者数は707万人を超え、いずれも世界最多。WHOの集計によると、南北米大陸の死者は54万人超で世界の過半数を占め、米国に次いで被害の大きいブラジルでは約14万1400人、メキシコは約7万6200人に達する。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです