終電繰り上げ 「働き方変わる」と期待 「身勝手」と批判も JR東日本、21年春に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
終電を前に家路につく乗客たち=東京都新宿区で2020年9月26日午前0時、西夏生撮影
終電を前に家路につく乗客たち=東京都新宿区で2020年9月26日午前0時、西夏生撮影

 JR東日本が来春のダイヤ改正で、東京駅から100キロ圏内にある在来線の終電を30分程度繰り上げる。その影響は大きく、仕事の残業や飲食店の営業時間、飲み会を終えるタイミングと幅広く及びそうだ。主要駅の駅前で人々に賛否を聞くと、「社会が変化するきっかけになる」と好意的な反応がある一方、「JRの都合で決められても」と批判的な意見も出た。

 「身勝手な感じだ」。JR新橋駅近くの九州郷土料理店「新橋 有薫酒蔵(ゆうくんさかぐら)」のおかみ、松永洋子さん(75)は終電繰り上げの方針を耳にした時、率直にそう思ったという。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1470文字)

あわせて読みたい

注目の特集