メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる2020年のノーベル賞

化学賞、実用性・社会貢献がカギ 日本のお家芸「有機化学」分野にも期待

中部大の山本尚教授=愛知県春日井市の同大で2020年9月10日、兵藤公治撮影

 ノーベル賞の自然科学分野では最後の発表となる化学賞は、10月7日水曜の午後6時45分(日本時間)ごろ、2020年の受賞者が明らかになる。化学には、生化学、有機化学、分析化学、物理化学、無機化学など幅広い分野があり、受賞分野もさまざまだ。このため受賞者を展望するのが難しい。

 ただ、最近は実用的で社会生活への貢献につながる研究が受賞する傾向がある。19年は、自然エネルギーからも繰り返し充電できるリチウムイオン電池を開発した吉野彰・旭化成名誉フェローらが受賞した。

 16年以来受賞のない有機化学の分野は、5年前後の周期で選ばれることが多い。日本の有機化学分野は、過去には野依良治氏が01年、鈴木章氏と根岸英一氏が10年に受賞するなど研究の層が厚く、「お家芸」と称されることもあるほどだ。今年は中部大(愛知…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです